ヴィッツのマイナーチェンジ

2014年にヴィッツは3年4ヶ月ぶりにビッグマイナーチェンジをおこないました。

 

フロントのデザインが変わった他エンジンが新開発の1.3リッター高効率エンジンが搭載されました。

 

2016年頃にはさらにマイナーチェンジを行う予定のようです。

 

それに先駆けヴィッツのヨーロッパ向けモデルYARISが2015年9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーにて発表されました。

 

2016年モデルのYARISに搭載されるエンジンは、直3、1.0Lターボエンジンで燃費がさらに上がる見込みです。

 

また現行のヴィッツは質感が良くなれば…という声が上がっているので次期ヴィッツでは、質感も向上されるようです。

 

ヤリスのインテリアにはブラックのシートにピアノブラックのトリムパネルを組み合わせたデザインで質感が向上しています。

 

日本でのマイナーチェンジでのエクステリアとインテリアの大幅な変更は無いようですが欧州版では質感が向上したので日本でも質感を向上される事を期待します。

 

ボディカラーにはツートンカラーが、カラーラインナップに増え、オシャレ感が増しました。

 

2016年のヴィッツがどのような物になるか、また今後のフルモデルチェンジではどこが変更になるのかに期待が高まります。

マイナーチェンジ関連ページ

歴史
ヴィッツの歴史をまとめました
特徴
爆発的ヒットとなった理由と特徴
ジュエラ
ヴィッツジュエラの記事です。
ハイブリッド
ヴィッツハイブリッドの記事です。
意味
ヴィッツの意味についての記事です。