歴史

歴史

ヴィッツは、トヨタ自動車の1,000 〜 1,500ccクラスの乗用車で、ハッチバック式となっています。

 

ヴィッツ

 

ちなみにハッチバックとは後部のドアが跳ね上がるタイプの事でコンパクトカーのほとんどはこのハッチバック式となっています。

 

1999年に初代型が登場し、当時の日本では、コンパクトカーは価格の安さが売りでした。

 

しかし、ヴィッツはデザイン性、品質、安全性能、環境性能の高さなどを売りとした事で国内外で爆発的なヒットを記録しました。

 

2005年には2代目となり、衝突安全性などが大幅に向上し、ボディサイズが大きくなりました。

 

2010年以降の3代目では低燃費と高速走行における走行安定性を実現し、前席にはホールド性の高い新骨格のシートを採用するなど安全性もさらに向上しました。

 

またフロントドアガラスには高性能UV吸収剤を使用したことで紫外線を約99%カットできる世界初の「スーパーUVカットガラス」が採用されました。

 

手袋や日焼け止めと同じ効果なので女性や子供も安心です。

 

ヴィッツの実用性、安全性はかなり高いので現在もなお根強い人気となっています。

 

さらにヴィッツは日本だけに留まらず北米や欧州、アジアにも「ヤリス」という名で進出していて、全国各地で愛されています。

歴史関連ページ

特徴
爆発的ヒットとなった理由と特徴
ジュエラ
ヴィッツジュエラの記事です。
ハイブリッド
ヴィッツハイブリッドの記事です。
マイナーチェンジ
ヴィッツの2016年のマイナーチェンジ
意味
ヴィッツの意味についての記事です。