人気のヴィッツの特徴は?

特徴

1999年当時の日本はコンパクトカー=安さときうイメージしかありませんでした。

 

しかしそんな中ヴィッツはデザイン性や品質、衝突安全性能や環境性能の高さなどを売りとする事で爆発的な人気となりました。

 

その勢いに乗って2005年に2代目にモデルチェンジをしました。ボディカラーの多さ、インテリアの雰囲気が人気となり女性のユーザーがさらに増えました。

 

2010年からは3代目となり前席にはホールド性の高い新骨格のシートを採用するなど安全性が向上しました。

 

26.5km/L(10・15モード燃費)の優れた低燃費を実現するなど実用性が上がりました。

 

しかし男女両方でも使えるようにデザインが良くも悪くも無難になったため、ユーザーのデザイン性への評価は今ひとつのようです。

 

外観・内装が大幅に変わる事で2代目ヴィッツが良かったという声も上がっていたので、トヨタもマイナーチェンジで変更するなど改良してきています。

 

今後のヴィッツがどうなるかも気になる所ですが、2代目の方が良い、価格的に新車はちょっともいう方は一度中古車でヴィッツを探してみる事をおすすめします。

 

機能的には短所の少ない車ですので、かつて爆発的にヒットした車だけあって年式が古くてもなかなかの走りをみせてくれるはずです。

特徴関連ページ

歴史
ヴィッツの歴史をまとめました
ジュエラ
ヴィッツジュエラの記事です。
ハイブリッド
ヴィッツハイブリッドの記事です。
マイナーチェンジ
ヴィッツの2016年のマイナーチェンジ
意味
ヴィッツの意味についての記事です。